包茎 種類

包茎とはどんな状態?

包茎とは、包皮が亀頭に覆いかぶさっている状態のことです。特に日本では、日本人男性の約7割の人が包茎であると言われています。包茎であったとしても普段の性生活に支障がなければ包茎治療する必要はありません。ですが一方で多くの男性の願望として自分のあそこを清潔に、大きくかっこよく見せたいものです。

 

包茎を治すために、一番早く確実な方法は包茎手術・包茎治療を受けることです。多くの包茎クリニックでは仮性包茎、真性包茎、かんとん包茎の、いずれの種類の包茎治療にも対応しています。(参照:代表的な包茎クリニック一覧)

包茎の種類

包茎の種類は大きく「仮性包茎」、「かんとん包茎」、「真性包茎」の3種類に分けられます。

 

仮性包茎


仮性包茎とは、勃起をした時には包皮が剥けて亀頭が外に出るけれども、通常時は亀頭が包皮に覆われている状態です。通常時から剥けているときもあるが時々、覆われてしまう軽度の仮性包茎の人から包皮が余り過ぎて先端がドリル状態に見える重度の仮性包茎の人まで程度は様々です。

 

問題なく勃起をすることはできますが、通常時は包皮で覆われており刺激に弱いためセックスをするときに早漏になりやすくなります。さらに包皮に包まれた状態が長く続くので、夏場など暑い時期には、汗で包皮の内部が蒸れて不衛生になり炎症を起こしてしまったり性病にかかりやすくなるという傾向があります。包茎の人の約8割が仮性包茎であると言われており最も典型的な包茎の種類です。

 

 

かんとん包茎


かんとん包茎は人によって程度は異なりますが平常時は手で包皮を剥けますが、包皮の先端が狭いために剥きにくく感じたり最後まで剥くことができなかったりと剥くことができても勃起をすると輪ゴムで締め付けられたような痛みを感じるという包茎のタイプです。

 

剥いた状態を長期間放置してしまうと亀頭周辺の細胞が締め付けのあまり壊死してしまうする危険性があります。また、セックスの間に締め付けられた亀頭の下部に負担がかかり腫れたり膿んでしまうというように、性交渉にも支障が生まれてしまいます。

 

 

真性包茎


真性包茎とは包皮が狭すぎるために亀頭が露出できない状態のことです。勃起をすることやセックス、排尿をする際にも支障があり長年、真性包茎の状態が続いてしまうと亀頭と包皮の内部が癒着して(くっついて)しまう危険性があります。

 

さらに真性包茎が続くと内部で汗や垢が長年溜まってしまってきつい臭いを発するようになったり、中年にかけて免疫力が低下して炎症が進行して排尿が困難になる危険性があります。 真性包茎は病的な状態であり性交渉にも大きな支障が生まれるため、最も包茎治療が必要な包茎のタイプであると言われています。

 

▲トップページに戻る