包茎手術の方法

包茎手術は複数の方法がり、手術方法によって治療費も仕上がりも異なります。代表的な方法が環状切開法です。環状切開法も保険適用に該当することも多く、低コストで包茎手術が受けられます。ですが治療費がやすく、また技術もそれほど要らないので、施術後に傷跡が目立つこともよくあります。仕上がりを気にしたいのであれば環状切開法は向いていません。

次に軽度の仮性包茎の人に向いているのが背面切開術であります。これは包皮を切除すれば包茎が治る場合に用いられ、治療費はかさみません。さらに包茎治療であれば、たいていの包茎クリニックで可能ではありますが、技術力が乏しい先生に頼むと陰茎の見た目が残念になるケースも多いのです。真性包茎や仮性包茎の場合、余分な包皮の割合が多いケースや、仮性包茎の場合にも適用されています。治療費が安価で負担も少ないが、仕上がりを大切にするのであれば背面切開術はあまり向いていない。私自身神奈川の特に横浜エリアや横浜駅周辺で包茎手術が可能なクリニックを探しているところですが、横浜市 包茎手術を一見するだけでも分かりますが、なかなかいい包茎クリニックが見つからないのが現状であります。

それ以外に自由診療の包茎治療で典型的なのが亀頭直下埋没法だ。包皮内部の包皮内板を切除して、亀頭直下で切除した部位を縫合する治療方法だ。包茎手術が終わってからの傷跡を残さない点や、ツートンカラーを防げる点もメリットである。イメージ的には環状切開法と類似の包茎手術であるものの、かなり仕上がり重視の包茎治療である点が特徴的だ。保険が適応されないので治療費がかかるが、施術後のナチュラルな見た目を重視したいという場合にはうってつけの治療方法だ。その中でも一番見た目がナチュラルになるのは根部包茎手術であります。先ほどの包茎手術では、陰茎の先端周辺の包皮を切除するというものでした。
根部包茎手術では陰茎の根元付近の包皮を切除する方法であり、重度の包茎患者は治療不可能な場合もあり、仮性包茎の人からも好まれる手術方法です。根部包茎手術というのはスタンダードな包茎手術と比べて難しいので、対応しているクリニックはとても少ないのが現状です。しかし、この治療方法であれば術後の見た目が綺麗になりツートンカラーなども残らない仕様になっています。

切除したときの傷跡は根元に残るので毛で隠れます。陰茎の根元付近で切除することで元々の包皮の色合いも自然ですし、性感帯の感度が悪くなるということもありません。性交渉に自信がない人にはうってつけの包茎手術であります。術後の回復には数か月を要しますけれども、性生活が豊かになることを考えるとダウンタウンは必須です。

このように、包茎手術には方法はたくさんありますが、オーソドックスな包茎手術の方法とは先ほどご紹介したような方法が主流なので風変わりな包茎手術は避けておいた方がよいでしょう。

包茎に関するコンプレックスを持つ方は、性機能のみならず仕上がりにも不安に思っている人が多いと思います。包茎手術は高額なので、少しでも見た目をナチュラルで綺麗な見た目にしてもらうのがいいでしょう。費用はかなりかかったとしても包茎手術については安いただけではなく、ナチュラルな仕上がりになるかも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です